日本の大手レコード会社

日本の音楽シーンの様相はここ20年で変わってしまいました。大きな収入源であったCDの販売数は、1998年をピークに減少の一途を辿り、売り上げはほぼ半分にまで低下してしまったのです。

頑張れ、日本の音楽業界!

CDが売れなくなった理由の1つとしてインターネットの普及があり、動画配信サイトの登場などがその一例です。そんな時代の転換期に柔軟な対応ができなかった日本の業界とは対照的に、海外ではデジタル・ダウンロード事業への速やかな転身が行われ、新たなビジネス・モデルが確立されました。

出遅れた日本の音楽業界も、新たなビジネス・モデルを作るため様々な努力が行われています。そんな頑張る日本の音楽業界の、大手レコード会社とその代表的アーティストについてこのブログでは紹介していきます。